人気の外国人向けビジネスマナー!研修で訪日観光客への対応に備える
ロゴ

人気の外国人向けビジネスマナー!研修で訪日観光客への対応に備える

ウーマン

外国人観光客の増加に伴って変わる接客スタイル

世界遺産の制定や東京オリンピックの開催に伴い、外国人観光客が増加しています。そのため、海外の文化と日本の文化をすり合わせて接客を行う場面が増えてきました。日本式の文化だけでは通用しないことが多いため、接客スタイルも大きく変わりつつあります。

男性

世界に通じるビジネスマナーを習得する

世界に通じるビジネスマナーを取得することが、これからの私たちに求められます。接客業だけではなく、一人でも多くのビジネスマンが研修を受け、加速するグローバル化社会に即応できる人材を育成することが先決です。

インバウンド事業者必見!ビジネスマナー研修はこんな理由で受けることが多い

オフィス
no.1

言葉が通じない相手との対応に困るから

外国人観光客が年々増加している中で、外国人の対応がスムーズにできる日本人は少ないといえます。一番は言葉が通じないことに不安を感じている方が多く、特に接客業ではコミュニケーションが十分にとれないため困惑する場面が多いでしょう。そこで、スムーズに対応できるよう接し方を学ぶ機会を設ける企業が増えてきています。

no.2

外国人を積極的に採用するため

国際化が進む現代では、海外の企業との取引も多くなってきているでしょう。そこで、外国人を積極的に採用する企業も多くなりつつあります。しかし、外国人と日本人では生まれ育った文化が違うために、ビジネスマナーも異なります。そのため、研修により日本人の社員が外国人と上手に接する方法も教われるので良い機会となるでしょう。もちろん、逆に外国人が日本のビジネスマナーを学ぶ機会を持つために研修を設けることも可能です。

no.3

外国人に日本をもっと知って欲しい

外国人が日本に来る機会が増えていますが、ここに来る外国人は日本のことを知りたいと思っていることが多いです。しかし、国内の企業側がそういった体制をとらなければ、意味がありません。そこで、日本の会社とはどういったことをしていて、ビジネスをしているのかを外国人に伝えるためにビジネスマナー研修で学ぶことも研修をする理由としてよくあげられています。

no.4

業務をスムーズにするため

いろんな人を相手に仕事をする接客業やサービス業では、外国人と接する機会も多くなります。しかし、対応の仕方がわからずにいると業務が止まり、スムーズに仕事をこなすことは厳しいでしょう。そこで、言語だけでなく対応そのものの仕方をビジネスマナー研修で教わることが重要です。そのため、特に旅行・ホテル業やタクシー業界など観光にかかわる業界では研修を行う機会が増えています。

no.5

おもてなしの心を伝えたいから

日本には、日本人だからこそできる「おもてなし」の仕方があります。それを、外国人に上手に伝えるのには無知では厳しいでしょう。しかし、ビジネスマナー研修ではそういった日本人の心を外国人にうまく伝えられるような勉強をしていきます。そして、学んだことを活かし、おもてなしの心を知った外国人も満足してくれることでしょう。

広告募集中