従業員の不満は組織サーベイで判明!離職を防ぐための対策方法とは?
ロゴ

従業員の不満は組織サーベイで判明!離職を防ぐための対策方法とは?

レディ

報告書の内容を受けて改善

組織サーベイを行い浮き彫りとなった結果は、報告書にまとめられ、企業へ届きます。この結果を受けて、改善策に乗り出すことが求められます。どうしたら、社員ひとりひとりがモチベーションをもって業務に従事してくれるか、会社の勢いを再び盛り上げていくことができるかなどを、報告書を手掛かりに改善策を検討していくことができます。もちろん、組織サーベイ実施会社によるコンサルティングも行われています。第三者の意見を取り入れていくことも大切です。

複数の人

組織サーベイで従業員の離職を防ぐ!

従業員の離職が多い、それはなぜかと考えた時には、組織サーベイを実施するチャンスです。従業員満足度や従業員幸福度などを合わせて調査することで、企業としての脆弱な部分が浮き彫りになる他、「従業員ファースト」であることがないがしろになっているかどうかを確認することができます。企業の脆弱性が指摘されれば、口コミなどでたちまち拡散されてしまう社会。会社としての信頼を守るために、なぜ離職者が多いのかを知り、新たな離職者を防ぐ手立ては一日も早く実践することが求められています。

組織サーベイを行うメリット3選

男女
no.1

上層部で共通の認識が持てる

「会社風土が悪化している」という認識はあっても、どのように悪化しているのか捉え方は人それぞれです。組織サーベイによって得られた回答を数値化・チャート化させることで、共通の認識を持てるようになり意見を統一しやすくなります。

no.2

変化をとらえ改善に活かせる

定期的に組織サーベイを行うことで、従業員全体の受け止め方の変化をとらえることができます。これによって段階を踏んで企業風土の改善に活かすことができます。また、改善が成功しているのかどうかの指標にもつながるでしょう。

no.3

組織開発を念頭に置いた調査ができる

新しいプロジェクトを目論んでいるというように、新規組織の開発を検討している時にも組織サーベイが用いられています。自社にとって望ましい組織づくりをするにはどのようにするのが良いか検討材料として用いることが可能です。

広告募集中